カブキモノ個人的日誌ブログ

個人的日誌ブログです

ゴミ当事者会にはしないぞ

 月1で開催することになったカブキモノ活動交流会。記念すべき第1回目となる5月の交流会は小規模ながらもたしかな手応えを感じることができた。本気の人が集まっている、これはいける、と思うことができた。

 6月の交流会は賛助会員の方が進行役を務めてくれるのだが、7月からは私が主体で実施していく予定だ。私はこの交流会を、堂々と人に話すことができる、価値のある会にしたいと思っている。

 4年前、発達障害の診断を受けたばかりの頃、私は他の当事者との交流を求めて当事者会に足を運んだ。しかし

 あるところでは参加者同士で手を繋いで輪を作り、輪の中心に駆け寄りながら、その当事者会のグループ名を大声で言わされた。どう考えても低年齢向けで、30代以上の参加者がいる集会でやるようなことではなかった。またあるところでは、根拠の説明もないままに、思い付きで形にしたとしか思えないくだらないミニゲームをコミュニケーションの訓練と称してやらされた。何の役にも立たないものだった。

 ネット上の当事者グループも同じだ。まともに機能しているところなど全く見当たらない。現実の情報を認識できない者が何人集まったところで、時間を無駄にする会話が展開されるばかりである。

 ただ唯一、カブキモノだけは未来を感じることができた。

 自分がどこまでできるかわからないが、全力で育てていきたいと思っている。